実家のリフォーム事情。

実家のリフォーム事情。

実家のリフォーム事情。

実は今年初めに実家へ遊びに行った時に、突然父と母から、家のリフォームをしようと思う……という相談を受けました。
昔からある農家の古い家で、大きいけれどだいぶガタが来ているようでした(確か、築60年以上は経っているらしい)。
家は相当腕のある昔の大工さんがいい材料を使って造った一級品なんだそうですが、流石に老朽化により窓のたてつけにも歪みが出て来たようで、冬は隙間風がひどく、実際に家の中はとても寒く感じました。
また、昔の家の構造のため玄関や各部屋に行く廊下には段差があり、よくつまずくようになったのもリフォームを決めた理由の1つのようでした。
それに私も含め子供はみんな独り立ちしており、今は父と母の2人しか住んでいません。
ですから使っていない部屋もいくつかあるので、そこを無くして荷物を入れておく倉庫のような、蔵のようなものを作りたいとのことでした。
それで早速予算を決めて業者さんへ見積もりをお願いして、その結果一番親身になって相談に乗ってくれた地元の業者さんへ施工をお願いすることになりました。
で、そんなこんなで計画が進む中で、リフォームまでに一番大変だったことは、荷物の片付けでした。
物を大切にする両親だったので、予想以上に家の中が物であふれかえっていたのです。
そして片付けて約6割を処分しリフォームも無事終わると、父も母も今はすっきりした生活を心がけ快適に過ごせているようなので、私は安心しています。


ホーム RSS購読 サイトマップ