准看護師を目指す人の最短の道

准看護師を目指す人の最短の道

准看護師を目指す人の最短の道

小さな頃からなりたい職業が決まっているという人がいます。
幼稚園の先生。お花屋さん。看護師さん。

 

 

その夢が途中でかわる子もいれば、そのまま夢を追い続け
なりたい職業に就く人も。

 

 

看護の道を選択する場合、正看護師と准看護師の仕事があります。
もし、正看護師を目指すなら、
高等学校の看護科に入学するの事が一番の最短ルートです。

 

高校を選ぶ時点で将来の職業を決めるというのは
少し早い気もしますが、この子は本当になりたいんだなと
親から見てわかるのであれば、
その子の望むように進めてあげる。

 

もう少しいろんな世界を見てからでもいいのでは、
と思うのであれば、普通の高校に入学させて、
3年気持ちが変わらなければ、看護系の専門、短大、大学への
進学を検討する。

 

 

私の生まれ育ったところでも、看護科の高等学校がありました。
ただ、同じ県内でも通うにはあまりにも遠く
少し悩んだ時期はありましたが、進学する高校の選択肢に
入れたくても入れられませんでした。

 

普通高校に入り、部活の大会でその学校の生徒を見かけるたび
看護の勉強と部活を両立されてるんだなぁと
見ていたのを覚えています。

 

 

就職難な時期でも、准看護師募集の求人は変わらずにあります。
手に職をつけさせたい。
子供自身も関心があるということであれば
看護の道を勧めてみてはいかがでしょうか。


ホーム RSS購読 サイトマップ