今年こそダイエット成功させたい

今年こそダイエット成功させたい

今年こそダイエット成功させたい

毎年この時期=夏がくるとダイエットを志す私。
でも一度も満足いく結果を得られないまま何回目かの夏がまた来てしまった。
今年こそ!と思わされる理由は、結婚一年目の夏の私のおなかを見た主人が「なんとかしないと!」とプレッシャーをかけてくるから。

 

暑くても一向に食欲も落ちなきゃ体重も落ちない私と違い、旦那様は寒い時期でもたくさん食べてても太らないどころか痩せていっている。
なぜ?WHY?水を飲んでも熱くなるという驚異的な代謝のせいなのか?!
そんな遺伝子レベルのアドバンテージを持った人に何で痩せないのかとか聞かれると、軽い殺意を覚える。

 

かくいう私は自覚症状もあるほど代謝が悪い。
冬なんか寒くて動きたくないのではなく体が冷え切って動けないという、市街地でも冬山のような体験を毎冬している。
夏になっても汗はかくけどなんか体が軽くなった気がしない。

 

そして最近は肉が集中しておなかにつき始めた。
うちは祖母も母もほかの部位はけっこう細めでもおなかが妊婦なみに突き出るリンゴ体系なので、DNA情報が私の腹部細胞に命令を出しているのかもしれない。
このままゲノムの言いなりになっていたらわたしもリンゴちゃんの仲間入り。それは避けたい。

 

パートナーのプレッシャーからの解放とルーツとの戦いを同時に解決する方法……それは痩せること。
という訳で例年にも増して動機づけは完璧。
しかし具体的な作戦が思い浮かばない。

 

置き換えダイエットが最近で一番効果が出たが、やめると元に戻るし一人違うものを食べるのはつまらない。
ロングブレスダイエットも聞くらしいが、毎日継続してというのはけっこう難しい。
2人でやれば習慣化するというが、旦那様がこれ以上痩せたら相対性理論で私が太ったことになりそうで困る。
今流行りの酵素ダイエットはどうだろうか。

 

こんなことを言っている間に7月がすぎ、8月の1カ月ほど何かやったら食欲の秋でチャラになるのが毎年行事になっている。
ことしはその流れを変えなくちゃ。


ホーム RSS購読 サイトマップ